タグ別アーカイブ: 高齢者虐待防止 勉強会

ご家族さま向け!介護ストレスを語ります!

#1

#2

#3

#4

#5

広告

私は8年間”死ね”と言い続けた

みなさん!
お正月!気をつけてください!
お餅!
小さめにして、よく噛んでください!
昔から歌にもあります!

♪もちもち かめよ~♪

そう言った意味を含めまして・・
いろいろな事がすべて勉強になる今日この頃!

高齢者虐待が、後を絶ちません。

高齢者虐待防止が試行されて

弁護士さん、社会福祉士さん達による
「法律の解釈とそれに沿って対応する!」
という研修が毎年毎年実施されています。

仕組みで対応する研修が長年続いています。

私は、無理でも、役に立たなくても・・
人にどう思われようと、

心に訴える高齢者虐待の研修を模索し続けます。

発見されてからの行政の対応を磨き上げるのではなく、
まさに虐待を未然に防ぐ!

そこコミットして行きたいと思います。

ちなみに来年は
長崎県、愛知県、埼玉県、大阪、広島と
高齢者虐待防止研修の講師の話が来ています。

私は、自分の苦しさ、酷さを赤裸々に語り
虐待心を少しでも封じ込める!ことに挑戦し続けます。

実際、私は法律で、虐待が治ったわけではありません。

私の心が動いたのです!

心に訴える高齢者虐待防止研修

笑う門にはいい介護
中村 学

誰も私の虐待を止められなかった… 

私が30歳の時、母が脳梗塞に・・・

当時、私は吉本興業東京支社で芸人をしていました。

が!

私は、母の介護のため、芸人を辞め島根県へ・・・

初めての介護・・・
オムツ交換
食事介助
着替え
通院
夜間対応
自分の時間は無くなる
付きっ切りでお金も稼げない
自分の将来が不安になる
時には親子ケンカ

芸人時代とはあまりにも違う介護生活!

私はイライラが日常化し、母に対し

暴言を放つようになった!

「死ね」
「ふざけるな」
「わしの人生!どうしてくれる!」
「迷惑かけやがって!」

等・・・

何年もの間、怒鳴り続けました。

自分で怒り、イライラが操縦不能になっていました。

誰も止めてくれる人はいませんでした。

自分でも「どうしていいか・・・」わかりませんでした。

「いつか母を殺してしまうんじゃないか?」と

自分が怖かったのを覚えています。