タグ別アーカイブ: 講師

ご家族さま向け!介護ストレスを語ります!

#1

#2

#3

#4

#5

広告

【ここに気がついて!】人間関係がうまく行かない理由① 

ここに気がついて!

例えば。。。
●研修報告書の提出期限を
必ず守る職員
いつも期限を守らない職員

●服装が法人の規定通りの職員と
独自の服装の職員

●挨拶を丁寧にする職員と
適当で雑な挨拶をする職員

・・・
考え方、そして業務に取り組む姿勢に
大きな違いがある者同士が
放置されていたら・・・

人間関係は良くならない!

なる訳がない!

具体策は後程!

人を大事にするって?どうすること?

ご利用者を大事にする・・・
優しく関わる・・・
笑顔が出るように関わる・・・
ご利用者に寄り添う・・・

何を大事にするか?
本当の優しさは?
真の笑顔が出るには?
何に寄り添う?

その方が、大事に、大切に思っていること
その方が、大事にしている生活習慣
その方が、大事にしているモノ

ここでしょ!

ここが抜けた状態で、
大切にするも、大事にするもm寄り添うもない!

そのご利用者に関わっている時
あなたは、言えますか?

その方が大事にしているモノを!

私は8年間”死ね”と言い続けた

みなさん!
お正月!気をつけてください!
お餅!
小さめにして、よく噛んでください!
昔から歌にもあります!

♪もちもち かめよ~♪

そう言った意味を含めまして・・
いろいろな事がすべて勉強になる今日この頃!

高齢者虐待が、後を絶ちません。

高齢者虐待防止が試行されて

弁護士さん、社会福祉士さん達による
「法律の解釈とそれに沿って対応する!」
という研修が毎年毎年実施されています。

仕組みで対応する研修が長年続いています。

私は、無理でも、役に立たなくても・・
人にどう思われようと、

心に訴える高齢者虐待の研修を模索し続けます。

発見されてからの行政の対応を磨き上げるのではなく、
まさに虐待を未然に防ぐ!

そこコミットして行きたいと思います。

ちなみに来年は
長崎県、愛知県、埼玉県、大阪、広島と
高齢者虐待防止研修の講師の話が来ています。

私は、自分の苦しさ、酷さを赤裸々に語り
虐待心を少しでも封じ込める!ことに挑戦し続けます。

実際、私は法律で、虐待が治ったわけではありません。

私の心が動いたのです!

心に訴える高齢者虐待防止研修

笑う門にはいい介護
中村 学

笑う門にはいい介護!企業研修!

企業研修!
企業の職員研修!
・介護休暇の取得
・介護の心構え
・介護の感情の管理
・介護の面白さ&辛さ
・介護保険の流れ等々・・・

面白く、わかりやすく、楽しく、
ためになるように
お話いたします!

笑う門にはいい介護
中村学
090-3377-3811 まで!

チームを耕せ!基本はチームビルディング!

ある経営者より、「中村さん、うちの職員は挨拶もできないし、元気もない。意見も上がってこない。中村さん、まず、接遇研修してやってください!」と言われました。私は、接遇がなぜ弱いかを考えます。

接遇が弱いそれ以前の理由があるはずです。 
 
例えば、
離職が多い。
連携が悪い。
リーダーのレベルが低い。
有給が取れていない。
給料テーブルがない。
派閥がある。
悪口が横行している。
意見が活かされない。
上司と現場に乖離がある。
チームがバラバラ。

これら問題を改善する事もなく「接遇研修」をしても、現場は接遇どころじゃない!

悪口が横行していたら、接遇もあったもんじゃない!

上司のレベルが低くては、接遇どころじゃない!

有給が取れていないのに、接遇なんて考える余裕もない!

健全な組織に、健全な接遇が宿る!

耕したチームにこそ、研修が活きる!

小手先の研修で、ゴマかすな!

耕せ!チーム!

私は、チーム作りを支えます!

チーム作りを、第一と考えます!

あなたの事業所を、過去最高の事業所に導く!
笑う門にはいい介護
代表 中村学
090-3377-3811

本格的チームビルディングはお任せください!

指示待ち人間はこうして作られる!

怒られながら、
注意されたり、教えられたりしても、
基本、脳が働いていないので、
理解ができない状態にあります。
※脳細胞は怒られた状態では15%以下しか活性していません。

怒られながら注意されている時!
怒られている側の頭の中は
「早く終われ!この時間よ!早く過ぎ去れ!」
と自身の危機回避で一杯になっています!

だから理解なんて無理!

理解していないから、
その時間(怒られている時間)は、
何も得ていない。
習得をしていない。理解も深まっていない。

怒られ終っても、動きようがない!

だって、何もわかっていないから・・・

精神的には完全に萎縮の状態!

間違えたら、また怒られる!
という感覚は心に刻まれている!

萎縮は強まる!

萎縮は、”主体性”を無くす!

結果・・・
自らの行動の一歩が出ない!

そして・・・
「怒られないように!」
を第一に考えるようになり、
間違わないように、
指示されたことだけをするようになる。

間違ったら怒られるという怖さを、
刻まれた人は主体性を無くし、
指示で動くことで、自分の守りに入る!

こうして、指示待ち人間は作られる!

※もちろん、元から指示待ち人間もいますけど!