タグ別アーカイブ: 改善

【ここに気がついて!】人間関係がうまく行かない理由② 

ルールの自己解釈が横行していると

人間関係が良くなる訳がない!

よくある例!

・掃除を当たり前にする職員

・掃除を言われないとしない職員

・掃除をしない職員

それぞれの職員が

掃除に関して

それぞれの解釈をしてしまっています!

職員間のストレスがどんどん溜まって行きます!

人間関係が良くなる訳がない!

対応策は後程!

広告

「主任が残業を!」「何!チョップだチョップ!」

介護現場(どこでも同じか?)で主任の残業が日常化しています!
「チョップだチョップ!※」
※チョップを食らわせるぞ!反省しなさい!の意味

現場が大変だから、主任が現場仕事をどんどんやる!
夕方5時半になり、部下に帰っていいよ!と告げ、
自分は残って残業!

これが日常化して、改善もしない!
主任は、昼間は現場に出て、そして残業をする!
これが当たり前になっている!

「チョップだチョップ!」

直属の上司の残業が日常化していたら
部下は、主任という仕事を、目指したいと思いますか?

また、時間内に終わらせる工夫、改善をあきらめて、
残業を続ける主任をカシコイと思いますか?
頭を使わないで、時間をささげ続ける主任って・・・いかがなものか?

「チョップだチョップ!」

その事業所やばいですよ!

改善始めましょ!

介護現場の組織課題解決に!

笑う門にはいい介護
中村 学
090-3377-3811 中村まで!

介護現場は知らない間に蝕まれている…

「組織を体に例えて考える!」

人間は体に悪いところがあったら、早めのパブロンしますよね!
早めに治して、大事に至らないようにしますよね!

ところが!
介護現場の組織の歪(ゆが)み・不全・怪我は、気づかれず

「放置」

され続けてます。

そして、介護現場は知らない間に蝕まれている…

しかも、危ない症状が出てても、治そうとしない。
組織が悪いとは考えず、処置をしない。
何をしていいのかわからないケースも多い。

さて、その症状としては・・・
●人間関係の悪さ
●離職
●規律の弱さ
●時間にルーズ
●意見が上がってこない
●ボラ残業が多い
●報連相が成立していない等・・・
こんなおぞましい症状が出ても、処置をしない。
手を打たない!何もしない!

そして

症状が進行するとどうなるか・・・

×サービスは低下
×虐待
×挨拶がまばら
×法令違反
×実地指導対応がめちゃくちゃ大変
×退職
×メンタルダウン
×売り上げダウン
×定員削減
×職員間でイザコザ噴出

まさに瀕死の状態!

手に負えなくなります!

組織の改善・正常化図りましょう!

お手伝い致します。

◎◎月1回からの訪問で対応◎◎
笑う門にはいい介護

介護人材育成コンサルタント
中村学
090-3377-3811