タグ別アーカイブ: 介護

ご家族さま向け!介護ストレスを語ります!

#1

#2

#3

#4

#5

広告

【ここに気がついて!】人間関係がうまく行かない理由② 

ルールの自己解釈が横行していると

人間関係が良くなる訳がない!

よくある例!

・掃除を当たり前にする職員

・掃除を言われないとしない職員

・掃除をしない職員

それぞれの職員が

掃除に関して

それぞれの解釈をしてしまっています!

職員間のストレスがどんどん溜まって行きます!

人間関係が良くなる訳がない!

対応策は後程!

人を大事にするって?どうすること?

ご利用者を大事にする・・・
優しく関わる・・・
笑顔が出るように関わる・・・
ご利用者に寄り添う・・・

何を大事にするか?
本当の優しさは?
真の笑顔が出るには?
何に寄り添う?

その方が、大事に、大切に思っていること
その方が、大事にしている生活習慣
その方が、大事にしているモノ

ここでしょ!

ここが抜けた状態で、
大切にするも、大事にするもm寄り添うもない!

そのご利用者に関わっている時
あなたは、言えますか?

その方が大事にしているモノを!

恐山行って参りました!

この恐山に関しての情報は、極めて素人の私が
綴ったものです。情報の正確さは保障いたしません。
あらかじめ、ご了承ください。

場所は青森空港から2時間少々のむつ市
そのむつ市の中心街から車で20分くらいのところに恐山があります。

恐山!
小さい頃から、夏のテレビ番組では欠かせないモノでした。
「恐山」「いたこ」
「いたこ」さんは今は5人前後という人数とのこと。
年に2回(シーズン)ほど現れるということで、
いつもおられるわけではないとのことでした。

ここは何千年前に、あるお坊さんが修行を重ね、最後にこの場所に訪れた際に
地獄(硫黄臭付)と極楽が同じ場所にあると感じられ
ここのお寺を建立されたとのこと。

ちなみに冬場は大変雪が積もるらしく、閉山になります。
秋は10月末まで。それまでは朝は6時から開所しています。
春の開始は…わかりません。

本山入口のお地蔵さまです。


門の上に堂々と「恐山」の文字
迫力がありました。


お寺の後ろの敷地は、まさに地獄をイメージさせるゴツゴツとした岩場です。
そこを一帯を硫黄臭が強く漂います。


道中にある大師堂
ここだけではなく、ほとんどのお地蔵様のお顔が手ぬぐいで覆われています。
風車は、亡くなった子ども達が楽しむためのモノと聞いています。

このような地形が続きます。
△に積み上げられた石は、積み石と呼ばれるモノで
亡くなった方が、地獄での作業として
積み石をさせらて、途中で鬼がその山を崩し、永遠とその作業が続く。
その苦労を少しでも減らしてあげようとして、
人がするんだとお聞きしました。

時々このような石像があります。
歩を進めていくと、とてもきれいな湖が見えてきます。

まさに極楽を感じさせます。
真っ白なきれいな砂浜に、波の立たないきれいな湖なんです。

このほとりに、東日本大震災の慰霊碑があります。
おとずれておられる中に、積み石をされている方もお見かいたしました。

 

まさに地獄と極楽が一体化した場所。
それが恐山なんです。

人生に一度はいかれたらいかがでしょうか?

笑門介護INむつ下北!青森県むつ市へ!

青森県むつ市!行ってきました!良かったー!
今年2度目です!

本当に元気もらった!
何が良かったって、それはもう人ですよ!想い!
●私が、ベストパフォーマンスができるよう多くの喜びの配慮
●全体の懇親会が終わった後も、声をかけていただき、夜遅くまで語りつくす
●帰りの当日も観光名所(恐山)の案内!
●空港までの送迎車の中での介護の想いのある会話!
隅から隅まで、私自身が、おもてなしに興奮する2日間でした!

あらためて、おもてなしをしてくださった方々の想いを感じ、
もっともっと介護を良くしていく仕組みを模索していきたいと思います!

ちなみに講演で伝えた事!

介護を邪魔しない組織、人間関係作り!
いい組織、いい人間関係を構築しベストケアを!
いい組織で初めていい介護になる!

そのノウハウは講演にて話しました!

むつ市!ばんざーい!
最高の時でした。

やはり、感動の裏には 人の想いあり!
ありがとうございました!

個人名は控えますが、
H会長、N様 k様、S様 感謝!

笑う門にはいい介護!
中村学

プライドをかけて「身体拘束すなよ!」チョップだぞチョップ!

私の母は、生前、身体拘束をされていました。
ミトンという手袋です!
手の自由が全く効かなくなります。

見舞いに行くと、私はこそっと外してました。

去る時に泣く泣く装着。

今年度から身体拘束を廃止を進める活動をしていない事業所は
減算の対象になりました。

介護職員が少なく、ぎりぎりのところへ、

身体拘束撲滅の指令!

身体拘束は、事業所の「安全」という名の人権無視の行為!

あってはならない!

身体拘束対応の研修

ガチの研修!

今、オーダーが増え始めてます!

その身体拘束!
私がいただきます!

笑う門にはいい介護
中村学
090-3377-3811

「主任が残業を!」「何!チョップだチョップ!」

介護現場(どこでも同じか?)で主任の残業が日常化しています!
「チョップだチョップ!※」
※チョップを食らわせるぞ!反省しなさい!の意味

現場が大変だから、主任が現場仕事をどんどんやる!
夕方5時半になり、部下に帰っていいよ!と告げ、
自分は残って残業!

これが日常化して、改善もしない!
主任は、昼間は現場に出て、そして残業をする!
これが当たり前になっている!

「チョップだチョップ!」

直属の上司の残業が日常化していたら
部下は、主任という仕事を、目指したいと思いますか?

また、時間内に終わらせる工夫、改善をあきらめて、
残業を続ける主任をカシコイと思いますか?
頭を使わないで、時間をささげ続ける主任って・・・いかがなものか?

「チョップだチョップ!」

その事業所やばいですよ!

改善始めましょ!

介護現場の組織課題解決に!

笑う門にはいい介護
中村 学
090-3377-3811 中村まで!