カテゴリー別アーカイブ: 笑う門にはいい介護

介護ファイト チャンネル リーダー、管理者向け セミナー

中村学事務所 代表 中村学

介護ファイトチャンネル

今回は 私が実際に行っている管理者、リーダー向けセミナーの雰囲気を
感じてもらえればと思います!

大事にしていることは、変わる勇気を持つこと!
でなければ、いつまでたっても何も変わらない!

バッファロー精神! 雨雲に向かって行く!
つまり課題に向かって行き、一気に解決をするさまを言う!

さあ! 変わろう!

介護ファイト! 介護の旅行! 題して快goツアー!

介護の旅行の凄さ!

奇跡を起こした”快goツアー” ぜひご覧ください!

いや~介護って奥が深い!

医師より「歩けない!」と言われた方が歩けるようになる奇跡!

楽しいは力や!

どうぞ!ご覧ください!

 

人を大事にするって?どうすること?

ご利用者を大事にする・・・
優しく関わる・・・
笑顔が出るように関わる・・・
ご利用者に寄り添う・・・

何を大事にするか?
本当の優しさは?
真の笑顔が出るには?
何に寄り添う?

その方が、大事に、大切に思っていること
その方が、大事にしている生活習慣
その方が、大事にしているモノ

ここでしょ!

ここが抜けた状態で、
大切にするも、大事にするもm寄り添うもない!

そのご利用者に関わっている時
あなたは、言えますか?

その方が大事にしているモノを!

さあ!看取りの時こそ声をかけよう!話をしよう!

笑う門にはいい看取り!
看取りの一つの例です!講演使用のモノです!

ご視聴者の方がいつか看取りの立場に立たれる時の、
声をかけるイメージのお手伝い!
介護士もどんどん声をかけよう!


【動画は4分・看取りの中、声をたくさんかけています】

意外や意外!
看取りの時に、何もわからないだろうということで
声をかけない方が意外と多いようです!

シンプルに!
聞こえてます!わかっておられます!
だから、
声をドンドンかけてください!

過去のこと
現在のこと
未来のこと
感謝のことば
謝罪のことば

間違いなく、喜ばれます!

声をかけないというのは、
「モノ」扱いです。

人間です。
声をかけまくって、
人として最後まで繋がりましょ!

笑う門にはいい介護
        中村学

介護現場「天秤理論」

天秤理論
何を天秤にかけるか?!

あえて、
「生まれてから自分のことは自分で出来ているまでの人生」

「介護が必要になってからの人生」
を天秤にかけます。

ややこしいので違う表現で…

例えば!
「オギャーと生まれてから認知症になるまでの人生」

「認知症になってからの人生」

この二つを天秤にかけたとします!

これにより…
「人権、そして生きている喜び」の重さが計れます。

すると
「認知症になる手前までの人生【元気だった頃】」がはるかに重くなります。
「認知症になってからの人生の、人権、そして喜び」はとても軽くなってしまいます。

我々介護をする者は、ご利用者が、認知症になってしまおうが、体に障害が出てしまおうが、
【元気だった頃】と同じようにつり合いが取れるように、
人権、そして喜びを提供することが目標だと思います。

言い換えると・・・
【元気だった頃】と【認知症になってからの人生】を
比較しても同じ人権、そして喜びを目指します。

また【生まれてから、認知症になるまでの人生の功績】
に見合った
【認知症になってからの人生】
を目指します。

【認知症になってからの人生が、不安ばかりで、喜びもない、バカにされ
 注意ばかり受けてしまうよになった】

そんな状況にしてはならないのです。
そんな介護をしてはならないのです。

活躍したいその理由!笑う門にはいい介護!

母がいたから介護道

この前の母の日に施設に入所している母に会いに行きました!
思いのほか元気で、声を出して笑ってくれました!

介護と私を結びつけたのは母です!
介護の大変さを刻み込んでくれたのも母です!
介護の面白さを教えてくれたのも母です!
介護とは何かを考えさせてくれたのも母です!

今、介護の世界にいて面白くてしょうがないのも母のおかげです!

母は約20年前に脳梗塞になって、私の前に立ちはだかりました!

何故、母が脳梗塞になったか?
私はこう考えています。(母のセリフ調です)
「学!お前な…、脳梗塞になった私を乗り越えてみろ!そしたら一人前だ!」

そうなんです!
母は私の介護の師匠なんです!体を張って介護を教えてくれたのです!
今、私が介護の世界にいるのも、原点は母なんです!
母は私を介護の世界に導くために、脳梗塞になったのではないか?と解釈しています!

だから、私は恩返しのためも、この世界で思い切り活躍したいのです!

だから私は母を介護の師匠と考えています!

お母さん!産んでくださりありがとうございます!

笑う門にはいい介護!

怒鳴る! 怒り! イライラしないために!

頭が久しぶりに痛い!

どんな感じで痛いかと言うと
ドガ~ンと言う感じ・・ちょっと違うな!
ガンガンと言う感じ・・んんん?
ジンジンと言う感じか・・・んん?
ズシーンと言う感じ・・ちょっと近いか?

とにかく痛いのだよ。
咳をしたヒにゃ~、バガンバガン痛い!
~~~~~~~~~~~~~~~~~~
さて、それはそれとして
何かあると怒ってばかりいませんか?

怒り過ぎて反省することもあるでしょ!

でも、怒るしかなかった!
イライラするしかなかった!
と思うでしょ!

でもでも! でもですよ!
その時、あなたは、怒るという行為を
選択して怒っているのですよ!
ほかに選択はあったはず!

1)例えば、
バイトで一緒に働いている人が、怠けてばかいりる。
それでもって同じ時給だとする。

「ちゃんと働きなさいよ」と言うパターン
影で「あの人は本当に働かないわ」と愚痴るパターン
言葉に出さず、その人を見てイライラするパターン
あんな風になったらおしまいと思って気にしないパターン
逆に、それなら私も怠けないと損と思うパターン
人は人、自分は自分!と思うパターン
いろいろな選択肢がある。

2)例えば、
子どもが言うことを聞かないとする!

「おのれー」と怒鳴るパターン
子どもは神の子だから怒ってもしょうがないと思うパターン
小さく何度も注意して挙句「コラー」と怒鳴るパターン
なんとか理攻めで注意するパターン
子どもは暴れてナンボだから怒らないパターン
いろいろな選択肢がある。

怒鳴る!怒る!というのは
自分で選んでいるのです。
自分で「怒る」ことを選んで怒っているのです。

人のせいで、人が悪いから・・怒っているのではなくて
自分で怒ることを 選んで怒っているのです。

どうですか?
今まで「怒った事柄」に、
怒ること以外の選択肢はありませんでしたか?
好き好んで怒っていませんか?
イライラも同じです!

感情表現、価値観の選択肢を持ちましょう!

なかなか出来ませんが、私が心がけていることは
●「まっいいか」という見極めです。
 諦めではなく、見極めです。線を引くということです。

●そして「~にもかかわらず笑う」です。

笑う門にはいい介護!中村学でした。