カテゴリー別アーカイブ: 宮根!最高!感動!

身体拘束は介護じゃない。拷問です。

人の欲求、意思、快適、不快、楽しい、辛い、痛み、必要、不必要等・・・・
実は、これらとても身近な感覚であるが、生きていく上でとても重要なこと。

下記のようなことが我々に起きたら・・・

●不快なまま…ミトン装着(写真の手袋)
●痛いまま…(車いすに縛られる)
●辛いまま…(辛い原因を追求しないで薬)
●寂しいまま…(寂しい原因を追求しないでコールを外す)
●バカにされたまま…(赤ちゃん言葉、バカにした言葉の対応)
●押し付けられたまま…(やりたくない事を強要)
等々・・・

生きる力を失いかねない。

しかし、

残念ながら介護現場では行われている。

●不適切な介護
「定時のおむつ替え」
「冷たい御粥の食事介助」
「風呂で裸で待たされる」
「やりたくない塗り絵の強要」
 等々・・・・

●身体拘束
「縛る」
「抑える」
「不自由な環境に閉じ込める」
「薬による過鎮静」
「動かないで」
「ここを出て行ってもらいますよ」
「行くところ無くなりますよ」
 等…体への縛り、薬での縛り、言葉での縛り

こちらの思う通りに行かなければ、
拘束に走る。

介護現場の不都合で、効率が悪いと思えば
拘束に走る現状。

一番怖いのは・・・

なぜ、そうなるのかという原因を追求しきっていないこと。

介護士が、原因に関心がない事が怖い。

実は、その原因にこそ、
その方の、想い、意思、快・不快、辛い、キツイ、
嫌だ、楽しい、寂しい、痛いがある!

その原因を考えないで、原因追求を飛ばして
身体拘束に及ぶ!

その方の権利は、人権はその時、失ってなってしまう。

例えば、
◎臀部を掻いて、傷が絶えないとする。
 傷が付いたらダメだから⇒ミトンをつける
 ※臀部を掻く原因
 (湿疹、衣類のしわ、湿潤、怪我、皮膚病等)が解決できていない

◎車いすから立ち上がる
 転倒したら危ないから
 ⇒立ち上がれないようにベルトをつける
 ※立ち上がってしまう原因
 (おしりの痛み、用事、排泄、車いすがあっていない等)
  が解決できていない

◎夜、ウロウロされる
 夜だし、転倒したらダメだから⇒薬の飲ませる
 ※ウロウロする原因
 (早寝過ぎた、トイレ行きたい、寂しい、お腹減った、体調が悪い等)
  が解決できていない

要は、拘束すると
根本原因に蓋をすることになってしまい
その方の、意思、気持ち、身体状況を無視してしまう事になる。

本人の気持ち、身体状況、快不快を
無視して、拘束をしたとするなら
これは行き地獄だと思いませんか?

身体拘束は、介護じゃない。
拷問です。
 

広告

宮根 介護談義!

宮根と会いました。 

見事に5時間!介護の話をガンガンし続けました。

彼には参りました。ペコリ 頭が柔軟!

彼と話をしていると 私がいかに 

介護カテゴリーにハマった状態で物事をかんがえているのか。

自分自身の介護に関する発想の狭さを痛感します!

私は常にそういう状態(専門バカ)に陥らないように

気を付けてはいましたが・・・

いろいろな介護の話をしました。

その中でここで言えることは

大田市の構想についてです。

私と彼では その構想案は一致しています!

なにか!
大田市 ”老人立国”です。

”死ぬなら大田市” という構想です。

誰にでも”死”は訪れる!

「死ぬ」準備段階となる介護段階(※DDP)において 

悲しさ、不安さ、辛さ、厳しさが漂うことは

しょうがないよ・・・と思う反面!

なんとかしたい。なんとかならないか!

こんな暗いことでいいの?

と思い続けていました。彼も考えていました。

  ※私は 高齢者の介護の段階をDDPと考えています。
    【デスデザインプロセス(私の造語ですが・・)
          ※死に方を構成する・考える過程】

合致したことは!

”死ぬなら大田市の高齢者処遇モデル”

              です。

もちろん、行政主導ということも一つの方法ですが、
民間からのインセンティブ(刺激)で
大田市行政を動かす流れがいい!
という発想も合致していました。

その構想、発想は 実現が近づいたら大大的に発表します!
※いつになるかわかりませんが・・・

今は、デイサービスの仕事を通して
様々な現場の問題、課題を抽出している段階です。

 ご利用者自身の苦痛、辛さ、不安
 そして家族のストレス、苦痛、不安さ、大変さ

 一切無駄にはしません。

※もちろん、直面している課題に取り組むことが先決です。

真摯に受け止め、解決のモデルを模索します。 

さあ! 進んでいきましょう!!
 
おもしろくなってきたぞ~!

う~ん 介護は面白い!!!!!!

大阪、宮根、ライブ、打ち上げ!


秋です。秋刀魚最高!(写真は鯵ですが!)さんま苦いかしょっぱいか!
ハラワタも含め本当に秋刀魚うまい!うまい醤油と大根おろし!  カボスを垂らして・・・・あついご飯に・・・!当然!鯵(あじ)も最高!
ぐおーーーーうまい!

今回の大阪の旅!
 宮根は確かそんなに音楽得意じゃなかったけれども・・
 宮根がボーカルでライブが慣行されました!

今回大阪で行われたライブの曲はすべて宮根の作詞で作曲も一部していました。
しかも、全曲オリジナル!
さらに勢いで名古屋のご当地ソング作っちゃって、青木さやかが歌うらしいす。

ライブは大いに盛り上がりました。
その後に行われたライブの打ち上げは
高級な居酒屋なのか料亭なのかわかりませんが
40人程集まりました。たくさんの芸能関係者が集いました。。。
それはそれは、ぼくにとって楽しい!とは程遠い
大変厳しい環境だったのです。

つづく

宮根、平田さん、磯野さんから力もらいました。


写真は宮根、平田さん、磯野さん、私です。
宮根をはじめ、友情を強く感じる仲間です。

左端の宮根はご存知だと思います。

楯をもっている人が平田さんです。
ツアーオブ ザ・イヤーを受賞されました。
ビッグサイトで講演された後表彰式があったそうです。
日本一の添乗員、すばらしい企画力の持ち主です。

右端の磯野さんは、ぼく一蓮托生を誓った方です。二人で
とにかく、宮根、平田さんに追いつこうと頑張っています。

いろいろあって詳しくはいえませんが、
男として、この3人といることは至福です。

大阪に23日の昼、バスで出発、夕方到着。
※高速バスについて
 出雲~大阪間往復切符で10150円
 時間は焼く7時間前後です。

23日の夕方到着。磯野さんと平田さんのお家に向かいました。
一晩中3人で語りました。
つぎの日、ミヤネ屋見学。なべあつ、ケンコバ、宮川大輔が
スタジオ乱入してきました。

そして夜は 宮根のライブ!
その後、ぼくは磯野さんとホルモンを食べていましたが
宮根から「打ち上げおいでよ」とさそわれました。

その打ち上げ会場は、
ぼくにとって生きた心地のしない場所でした。
つづく・・・・・・

宮根と昨年11月の写真!

IMG-0049.jpg

IMG-0030.jpg

じいさんが

青竹踏みしながら

エロ話!

元気なおじいさんですよね。

回想療法、音楽療法、園芸療法などありますが

エロ話療法はないのでしょうか?

自称 ”エロ話療法士” 中村学です。あなたもなりませんか?

上の写真は 昨年11月、私の講演を女性自身さんが

大田市へ取材に来られたとき撮ったものです。

たまたま宮根も帰ってきており、一緒に写真をとりました。

ほかにも山ほどあります。

追々紹介したいと思います。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

昨夜(12日)、女性自身さんが来られ、同級生5人が集まり

宮根は小さいときどうだった?かの質問に答えました。

ワイワイガヤガヤとあっという間の3時間でした。

どのくらい記事になるかはわかりません。

ほんの少しでも記事になれば”ラッキー!”

だと思っています。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

今週、出雲の大社地域のケアマネの連絡会(?)があって

そこで、お話をさせてもらいます。

題は”笑う門にはいい介護”です。

ネタは吟味中です。私の活動につい

て話す予定ではありますが。。。

みなさん!百戦練磨の方です。

さあ、どうしよう・・・・・

最高の一枚!

クリックすると巨大化します。
潜在介護士のみなさん!

洗剤は何を使ってますかー!

そういうわけでこの写真は、韓国ライブの
最終日の写真です。

この前日はミヤネ、平田さん、ミヤネ屋スタッフの方々と夜2時30分ぐらいまで飲みました。そのあと、公営のカジノに行きました。

ここでの食事はキムチにハム、野菜、そして乾麺を入れて食べる何とか鍋をいただきました。

なんか、ミヤネ、平田さんの知り合いということで 仲良くさせてもらっています。
自慢ばかりのブログでいやらしいと僕自身思うのですが、

ミヤネ、平田さんと知り合いというのは
非常に嬉しい!のです。

実はこの歳でやっと、男として、人として、個人の中村として心から信じよう、尊敬しようと思う人ができた。それがこちらのお二人です。

このお二人からもらったパワー、刺激で

介護を少しでも、希望のある方向に向けていきたい

と思っています。

宮根オハ朝韓国ツアー!

今回のツアーは「おはよう朝日です。」という近畿の朝の番組の企画。

韓国でその番組をライブでやった!そのゲストがIKKO、チェ・ジウだった。という感じのものでした。 

日本から1000人が行きました。

宮根のすごいパワーを体に浴びたという感想です。

あらためて。彼のすごさを実感しました!

韓国のカジノにも行きました。スロットから現金がでてきます。日本で言うと50円玉が500枚、1000枚とかは当たり前です。びっくりしました。中国人の富豪がたくさんいて、1チップ1万ぐらいをボンボンかけていました。
ちなにみぼくは負けました。ほんのちょっと!