月別アーカイブ: 2月 2017

BPSD 何の略か? ちゃんとわかれば解釈もわかる!

%ef%bd%82%ef%bd%90%ef%bd%93%ef%bd%84

認知症の行動と心理症状!
つまり
認知症からなる行動・行為と心理的、精神的な表れ。

認知症(主に記憶障害)になった事により行動・行為が変化(注)し、
心理的・精神的にも変化が起きる。

注)変化は、生活、社会の常識に照らすと、
  日常生活に支障が考えられる。

だからこれは、いろいろな事柄に言い換えることが可能!

あらゆる事に、様々な特徴的な行動と心理状態があります。

過食の行動と心理症状
虐待者の行動と心理症状
運動好きの行動と心理症状
スケベの行動と心理症状
会社役員の行動と心理症状
ニートの行動と心理症状
一人暮しの行動と心理症状
新入社員の行動と心理症状
新婚カップルの行動と心理症状
新人ケアマネの行動と心理症状・・・

あらゆる環境、状況において
特別な行動もあり、特別な心理状態になります。

認知症だけが、特別な行動をしたり、特別な心理症状になる訳じゃないです!

広告

介護の時は笑顔でつつみ・・・

%e4%bb%8b%e8%ad%b7%e3%81%ae%e6%99%82%e3%81%af

介護の時は
笑顔でつつみ
最期の最期は
涙で送る!

こうなるように、私は追及していきます!
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
在宅の介護で苦しんでいるご家族!

家族の笑顔の取り戻しが、

介護を必要としている方の笑顔につながる!

愛情を注ぎ、楽しい話でもして、バカ笑いもし、

そして最後の最期は 涙で送る!
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
笑う門にはいい介護!介護で笑顔になるために!
1)自分の時間は必ず作る!
2)ストレス・困りごとは人に話す!
3)介護保険は、自分のためにも使う!
4)介護の知識、特に認知症の知識は勉強しておく!
5)家族、兄弟間で介護について話をしておく
6)仕事は辞めない!
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
理想があるから、現実を冷静に見る事が出来る!
理想があるから、前に進める!
理想があるから、具体策を考える!
具体策があるから、変化が起きる!

笑う門にはいい介護は”理想の追求”が原点です。

介護業界は、もっと他のサービス業から謙虚に学ぼう!

30%e7%a7%92%e3%83%ab%e3%83%bc%e3%83%ab

介護は究極のサービスと言う人もいるが……

介護サービス業界は、残念ながら一般のサービス業に比べて
サービス業であるという感覚が低い!

完全に劣っている介護業界のサービス面!
・挨拶しかり
  ◆上手な挨拶、される前にする、大きな声ではっきりと!
   出来ない人が多い!
・表情しかり
  ◆笑顔の対応が出来ない人多い!
・配慮しかり
  ◆来客者への配慮がトレーニングされていない
・言葉遣いしかり
  ◆ご利用者をお客様だという感覚がない
・身だしなみしかり
  ◆適当が多い…。ケアマネレベルでも酷い者が多い
・スピード感しかり
  ◆遅い…。配慮ができないから早くも出来ないのか?
・丁寧さしかり
  ◆雑!

介護業界の職員のほとんどは・・・
コンビニの店員さんが身に着けている事すら
身に着けていないのである。

介護業界には、コンビニのアルバイトさんよりも
はるかに高い時給をもらっている人は多い!

なのに身に着けていない人が多い!

実際、レベルが低い(雑)のが現状!

介護業界の常識・感覚が変わらなければ
介護業界は取り残される!

介護業界は
もっと他のサービス業の良いところを
学び、導入する必要がある

国の例えが…酷い!完全にかけはなれている!

dsc_1231

介護の処遇(給料)を上げよう!
という事で処遇改善に取り組んでいる日本!
嬉しい事です。

29年度より、またさらに処遇改善に力を入れてくれるということで
そこは、素直に感謝です!

しかし!
処遇改善のモデル・イメージの図の例えが…ひどい!

主任36万、班長32万、一般28万?????

この数字から10万引いて丁度いいくらいです。

介護一般で28万?

主任で36万?

おらんは!

結局、現実が見えてないのかなー…

例えが酷い……

「笑う門にはいい看取り」 こんな看取りの一つの提案!

看取りに関する情報が、いろいろあり、
看取りを複雑に考えている方も
多くなっていると思います。

そのそも看取りは今に始まったわけではありません。

人間が誕生した時からある訳です。

それが多死社会となり、情報発信が増えてきただけで

人はだいぶ前から年間100万前後亡くなっているのです。

私の母の看取りはシンプルでした。

事前に、母の胃瘻、点滴、救急救命の実施も確認しておきました。
そして、ある日、脳梗塞のでかいのが発見され、看取りの宣告。

そこからはしばらく、入院。

そして病院から退院勧告!

自宅か、施設か?

結果、施設で看取りとなりました。

そこからは、できる限り通い続けました。

面会に行っては、たくさん話しかけました。

笑わせようと頑張りました。

そして看取りから4が月後、亡くなりました。

家族としてはとても、気持ちの良い看取りが出来ました。

母は、どう思ったかはわかりませんが、

この間に、たくさんたくさん声をかけました。

たくさんの感謝の言葉、そしてたくさん手を握りました。

これだけですが、家族としては後悔はありません。

イライラする事もなく、愛情を注いで看取りが出来たと思います。

こんな感じの看取りでも、いいんではないでしょうか?

こんな感じで、施設の入所があってもいいんではないでしょうか?

笑う門にはいい看取り

軽度認知症!MCI!って何の略か?

mci-2

意外と知らないで言っている人多いよ!
大丈夫?

認知症研修で
先生たちが「MCI」って言ってくるよ!