月別アーカイブ: 10月 2015

デイサービスの外出プログラム万歳!介護サービスは挑戦の連続が本当!

外に出よう!

全日本デイサービス外出推進会議議長の中村です!何か?

デイにおいて!
”何々” が出来るようになったら、
”どこどこ” へ行きましょう!

なんていう会話良く聞かれます!
結局、実現しないパターンが多い!

気にしないで外出しましょうよ!

もったいつけない!

外出して、楽しさを心に刻んでいただく!

それから訓練意欲につなげてもいいじゃない!

外出訓練には、人を強くする環境がたくさん!

まず!
外出すると、知らない人の目線を感じるので緊張感が高まる!
介護士も、屋外での失敗は最悪だから、緊張感が高まる!

そして…
コンビニに入ったり、

温泉に実際に入ったり、

お土産を選んだり、

車の中で、ペットボトル飲んだり、

支払いをしてもらったり、

ジュース選んだり

生活能力向上につながるエッセンスは多い!

外に出てこそ!
人間の野性味を引き出せる!

温室、養殖は弱い!

天然(外出)こそ、人の力を引き出せる!

介護サービスは挑戦の連続!!

笑う門にはいい介護!

広告

島根県内のデイサービスの皆様!外へ出よう!

いちじく!!

施設内・敷地内で完結する介護サービスでは、
正直、刺激もプログラムもマンネリしてませんか?

また、コンプライアンスを気にして
外出を控えていませんか?

デイプランに、
「社会交流、敷地外訓練、外出、認知症予防」
と書いてあれば外出できるんです!

その変わり、その必要性(デイとしての外出の目的)を
しっかり把握しとかなければなりません!

最近、「介護保険で楽しまれてもな~!」という声を聴きます!

我々は「外出」を通して、いかに生活能力向上に結びつけるか!
をつねに考えて、答えを持っておかなければなりません!

コンプライアンスの中で、最大限のサービスを提供したい!

かじ山荘デイサービスセンター 中村学