月別アーカイブ: 2月 2015

地域福祉で知識を吐き出せ!

P2220950 専門職の知識は吐き出してナンボ!                   専門職よ!町へ出よう!地域の人に触れよう!              知識を閉じ込めて何になる?                        知識は拡散して花開く!

この日は地域で車いすについて語る!                  福祉用具の事業所「林商事」様にご協力いただき様々な車いすを披露!   また介護保険との兼ね合いも話す!

車いす操作研修 in 五十猛(地元)

DSC_1864

※一応案内の対象は五十猛の皆様となっています!                         私のポリシーは「専門職は知識を地域に吐き出せ!」です。                 地域の役に立ってこそ!役に立とうと思ってこその本当の専門職!    知識があっても地域に吐き出さないのは ”ただの知識マニア”      知識は地域に吐き出してこそ「花開く」                  高齢者福祉領域で学ぶ事のほとんどは地域に役立つことばかりです!     専門職の皆様!地域に出よう!                    惜しまず知識を地域に吐き出そう!                     笑う門にはいい介護!中村学                                                                                              五十猛地区社会福祉協議会主催!協力 林商事様!

定時制高校! 教育現場に向けた介護の話!

DSC_1861学生時代、勉強は本当にしませんでした。この福祉の世界に入って勉強が大好きになりました。身に着ける事、勉強する事のすべてが、お年寄りのためになる!自分のためだけの勉強ではなく、すべてはお年寄りのためになる!   言い換えれば「人のための勉強」ここに勉強のやりがいを感じました!   おかげで今でも勉強は好きです!

さて!浜田高校にては、                        定時制の生徒への「キャリア研修」                    先生方へは「介護・笑顔・人権」                    で講演させていただきました。                     介護と教育現場の課題に見えた共通項!                     それは自尊心向上へのアプローチでした。                        笑門流介護目線でお話させていただきました。

介護家族向け講演! 山口県萩市に行ってきました!

DSC00947

DSC00973

1422176215922

最近は 妻より触る ババの肌!
山口県萩市 社会福祉協議会に呼ばれまして 行ってきました!
この2週間で2回行って参りました!

講演テーマは

演題   笑う門にはいい介護
副題  ~虐待が抱擁に変わるとき~

もう一つは
演題   笑う門にはいい介護
副題  ~楽しく話す介護の話~

前半はとにかく笑ってもらう構成でストレス発散!
中盤は面白おかしく介護の大変さを伝えます。
後半は介護の感動を伝えます!
終盤は濃く中身を伝えてまります!

きっかけは私の本!
笑う門にはいい介護(諷詠社)を担当の方が読まれたとのこと!

私も今でこそ、介護の話を偉そうに話してますが、
昔はど素人! おまけに母親に虐待行為をしていたような男でした。

こんな私でさえ介護地獄から立ち直った!

みなさん!頑張っていきましょう!

私が認知症の方を笑わせる理由!

偏桃体

nakamura

笑わせて、刺激を受ける部位は 偏桃体(脳の一部)!

この偏桃体の特徴!
機能・・・喜怒哀楽の感情機能を持っている。
特徴・・・アルツハイマー等の影響を受けず、比較的機能が残存しやすい。

つまり笑わせたり、楽しませたり、喜んでもらったり、感動させたり、褒めたりすると、
偏桃体が好影響を受け活性化する!
また認知症が進んでも感情が残っているのは、偏桃体が障がいされにくい特徴があるからだ!

だからこそ!
偏桃体の感受性を刺激し活性させることで、脳全体への刺激が可能!

私は偏桃体の残存機能を引き出す!

そのためにも笑わせて楽しんでいただく!

脳の機能を理解しアプローチを考えるとケアがもっと面白くなります!

これぞ!笑う門にはいい介護の真骨頂!