新提案!「ストレスは害ではない!」と思うこと!

DSC_2344
小学校のPTA会長を務めさせていただくことになり、笑える挨拶を求められ続け、全く別なストレスを抱いている中村です。なにか?

私は介護ストレスといかに向き合うか?いかに付き合うか?いかに受け止めるか?を模索し続けています!私はたまたま自分の価値観を良い方向に変換でき、介護地獄から脱出できたんですが・・・
※詳しくは拙著”笑う門にはいい介護”を読んでね!

ストレスは悪い物!とほとんどの方は思っていますよね!

ところが!最近の研究にて、
「ストレスを害」であると認識している人と
「ストレスは害ではない」と認識している人で
健康に大きな差があることがわかりました!

また、ストレスを生じた際には、ストレスホルモンの一部にも関わらず
人と触れ合うと出てくる愛情ホルモンも出てくる!

これは、強烈なストレスを感じた時に
それを修復するためのホルモンも出ていることになります!
つまり、ストレス状態にあるとき、人と触れ合うことが一番体に良いと解釈できます!

結論!
ストレスに状態にある!とおもったら・・
  体が様々な状態に合わせようと、活性化してると考えてください!
  心拍数が上がり、呼吸がはやくなったりした時にこそ!
  
    「体が活性化を始めた!」と受けとめてください!

そして、人に触れる!
  手を握る、人にやさしくする、人と話す等してみてください!

このことによって
 ストレスの状態を打破できるかも!

 ストレスの受け止め方次第で、体に及ぼす影響は明らかに違ってきます!
 
 ストレスは決して悪いものではない!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中