月別アーカイブ: 3月 2014

笑う門にはいい介護!NHK放送決定!

NHK!

子ども成長 エンゲル係数増加 に対し 逆金持ち状態 中村です!

笑う門にはいい介護のテーマで個人で活動して10年経ちます!

思い起こせば・・・公民館、老人会、老人クラブ連合会、社会福祉協議会
           民生委員、施設等に 

           「話をさせて下さい」とチラシを配ったのが10年前です。

今日までに 計350本くらい講演、本の出版、講演の県外進出!
まったくの個人の活動でここまで来ました!

そして、いよいよNHKで「笑う門にはいい介護」について取り上げてくれるところまできました。

私の活動目的は2つ!

  1)暗い介護に少しでも笑顔と笑いを!

  2)安心して 歳がとれる高齢社会!

  これに付きます!

是非ご覧いただければと思います!

広告

大田市議会議員 選挙!

選挙4

選挙3

選挙!1

52万人

高齢者福祉を口にする議員は多いですね! 私から見ると????です。
いつどのように、現状と対策、ビジョンを見据えているんでしょうか?
ただ「高齢者福祉」と言って、無策な議員がいるように思えてしょうがない。

大田市の高齢者福祉のリーダーシップは、実質、だれもできていない!
首長からも熱いメッセージは聞かれない!もちろん行政職員も後手後手の対応!

進行しつつある大病を放置している状態です。

私は 高齢者の増加が悪いなんて思いません!
その増加速度について行けない行政、市民がマズイ!と思っています!

放置しておくとマイナスが目立ってきます!
ならば・・・
放置しないで、対策練ってプラスに持っていこうや!

正直、大田市行政は足並みをそろえることが大好き!

一歩突き抜けるより 
後ろから他の行政を見ながら
一番 安い方法を真似していく・・・そんなパターン。

だから、オリジナルの対策がほとんどない!

大田市は これから何に力を入れるんだ!?

ジェロントロジィー発令!チーム大田市で高齢社会総合学!

ジェロントロジィー!

好きな食べ物、ハマった食べ物はたて続けて食べて
結局、気持ち悪くなって 嫌いになるパターン多いです!なにか?

ジェロントロジィー!
 
意味は 高齢社会総合学です!

食事、生きがい、就労、放送、教育
介護、医療、看護、福祉、
交通、ネット、地域、健康、
住居、ボランティア、行政、JC、商工会議所青年部
配達、金融、社会保障、法律、条令等・・・

これらあらゆる分野が一つになってこれからの高齢社会を
創っていくにはどうしたらよいかという高齢社会総合学!

その名をジェロントロジィー!

介護福祉領域で言われる 地域包括ケアシステムを後押しするのがこの学問!

高齢者総合学!

地域ケアシステムを成立させるためには、あらゆる分野を巻き込まないと成立しない!

介護・看護・福祉領域の人々が仕組みを知って頑張っても、あらゆる分野も動き出さないと
絵に描いた餅!

もちろん、先鞭をつけるべく介護・・看護・医療・福祉領域が動き始めることは重要も重要!最重要!

しかし、並行して他職種も巻き込む渦が無ければ、
    いつまでも本当に安心できる地域なんてできない!

圧倒的に迫りくる高齢社会に対して、介護、福祉領域だけで立ち向かうなんて時期ではない!

チーム大田市で、高齢社会に立ち向かう時期!

笑う大田市に福来たる!

 私は私なりに動きます。

介護という文化・習慣が明るくなりますように!

宣伝!

目がショボショボ・・おしっこチョロチョロの中村です!なにか?

最近、突然のかじ山荘デイへの見学訪問、
そしていろいろなところから講演依頼、そしてテレビ取材のお話、ラジオ番組出演依頼・・・
いろいろなお話が来ています! 本当にありがとうございます!

今月は講演が7本。 
取材、ラジオ等・・いろいろやる事が増えて嬉しい限りです!

ほとんど仕事に影響ない時間帯でできています!

取材はもちろん、かじ山荘デイも巻き込んでモノになります!

講演の対象者は
高校生、おじいさんおばあさん、専門職、介護家族、一般・・・

講演の話の共通点は

ズバリ!
   「介護を明るく」です!

介護のイメージをこれ以上暗くしてはならない!

しかし!私が講演でできるのは、結局、精神論と工夫論です!

私が直接、手を出すことはありません!

だからこそ!明るく話します!笑いも入れます!

まさに笑う門にはいい介護で突き進みます!

聴講者の皆様!待っていてください!

笑うみんなで住みよい大田市! 枠を超えろ!

オーバーザエッジ

安い肉は 叩いて叩いてペラペラにして焼いて食べます中村です!

日本一の高齢者市の大田市!
 日本の75歳以上(65歳以上は秋田がトップ!)の高齢化率は島根がトップ!
 100歳以上の方の10万人当たりの人数も日本一の島根!

そして大田市はそんな島根県8市の中で 高齢化率35%オーバーでトップ!

誰もが羨む高齢化先進都市!

しかし!高齢者対策にオリジナルが無い!工夫がない!

逆に、この状態で オリジナリティーがないこと自体が手遅れ!
     
対策を練らなければ、

「長生きをすることが迷惑」という 姥捨て山(うばすてやま)状態になる!

その対策を、専門性のありそうなジャンルでチョコチョコ話をしても始まらない!

今の現状を伝え、市民に訴えて、大きなかじ取りをしなければならない状況!

このままでは大変な事になるのは、行政ならば知っているはず!

議員もバカじゃなければ知っているはず!

あらゆる分野の方々の理解を求め、具体的に進む一歩を!

これはすべて結局のところ・・・市長へのお願いになる。

さあ!市を破綻させてはならない! 

笑う門にはいい介護どころじゃないぞ!

笑うみんなで住みよい大田市!を創る!

大田市の非常ベルは聞こえるか?10年後どうなる?

非常ベル!

愚痴ることは嫌いです。攻めの気持ちと自分でやる覚悟での情報発信!中村です!

情報は広げてナンボ!

高齢者福祉の世界に身を置いて15年!
いろいろな課題に関わってきましたが・・・・・
これほどの課題はないです!

2025年問題!
  11年後!
 大田市の人口は30213人  現在より約7000人減
     高齢化率は42%!  現在より7%増!
 
 人口は少なくなる!
 お年寄りの数も減る!
しかし!
 この高齢化率でみると・・・・
 高齢者を支える人間が足りない!
 まさに異常!

介護領域ではよく使う言葉にアセスメント(解題分析)という言葉がある!

大田地域のアセスメントは進めているのだろうか???

買い物、配達、下水、雪道、凍結路、救急車到達時間、
一人暮らしマップ、医師往診範囲、介護サービス提供範囲、地域別連携機能・・・
それぞれアセスメントしているのだろうか!

市内企業コンソーシアムを立ち上げて一つになって突き進まなければ手遅れだ!

そうだ!こんな時にはあの人の一声だ! あの人の一声をみんなが待っている!

そう! 市長!・・・・・・・・

市長が本気になってビジョンを掲げてくれ!

のんびりしてられない!

一体、大田市をどうしたいのだろうか?!

大田市の福祉関連の公務員の皆様!

市長の高齢者対策のビジョンくらい言えますよね!

覚えてますよね!まさか・・・知らないなんてことないですよね・・・・・(恐)

私中村は・・・・・・知らないです・・・・だれか教えて!!!

愚痴りながらも・・・・・私は私なりで動く!

笑う門にはいい介護!中村学!
   

講演依頼!かじ山見学!テレビ取材!皆さん感謝!

260307

インフルエンザ!子どもが罹患しないで学級閉鎖に突入し閉鎖解禁直後に罹患し結局10日近く学校を休んでしまいました!人より多い冬休み!

さて、最近・・・・
      かじ山荘の見学者の増加!
      講演依頼の増加!
      講演依頼の訪問!
      テレビの取材等・・・・いろいろ入っています!
      ありがとうございます!

 講演は山口県!鳥取県!
           介護専門職向け!
           おじいさんおばあさん向け!
           高校生たちへ!
           そして地元の婦人会!
私は、本当に会社、職員、家族、友人、知人に恵まれています!

      暗い介護を明るく!笑う門にはいい介護!