月別アーカイブ: 2月 2014

大田市行政に一番必要なのはあいさつ運動!!

あいさつ重要!

子どもとフリスビーで遊ぶと安上がり中村です。なにか?

あいさつ運動は町セン、公民館、地域挙げてやってますね!行政も予算をあげて取り組んでいます!民間企業においては、接遇の基礎中の基礎としてあいさつに力を入れているところは多いです!

ところが・・・役所関係、公的福祉機関の

”あいさつ” ”対応” はドンドン悪くなる一方と感じているのはわたしだけでしょうか?

ここ最近、市役所、市民センターと行きました。              具体的な部署名は避けます。                          あきらかに行政サービスとして挨拶とか接客応対は軽視しています!馬鹿にされている感覚は強いです!市民を軽く見ているようにしか思えません!  我々市民は、人として軽く見られていても行政サービスは受けていかないと生活できません。                            そんな市民の足元を見るかのような対応の悪さ!                      各部署の”長”そして首長である市長の大きなかじ取りを心から望みます!

出来てないのは、挨拶だけじゃないけどね!いろいろひどい事は山ほどです!                                           正直、共感される市民が多いですよ!                            あぁ~                                    こんな事を書くと私は                           ”あぶない”とか”過激”と思われて講演依頼が減るな~

広告

地域包括ケアシステム は手遅れ!?

地域包括ケアシステム手遅れ!

ボールペンはJetstream中村です。なにか?

これまでいろいろな本を読みあさり、いろいろな人と話をした!そして感じたこと!

介護・福祉領域では「地域包括ケアシステム(地域のケア機能を高める・安心して住める町つくり・ケアネットワーク化)」を呪文のように唱えている。 何年も前から・・・・。しかしなにも変わらない・・・。            結局、介護保険だけが具体的に頑張っている印象でしかない。                                                         ちなみに地域包括支援センターが頑張って出来るものではない。

行政トップ!首長が本気になってはじめて成立する!

首長が高齢社会のイメージを浮かべ、ロードマップの作成に本気なければ、実はまったく成立しない!

つまり!福祉領域の狭い視野であれこれ考えても所詮、中途半端!

地域包括の残念なところは、異業種(企業・地域・研究班)とコラボして行くという姿勢が弱い!

福祉領域だけの頑張りで、この高齢社会に太刀打ちしようという考えが間違っているのだ!

強烈な高齢社会はそこまで来ている!

襲いかかる高齢社会に対応するには・・・                   福祉領域だけで解決できない(異業種も一体化する必要)ということに ”首長” が気が付かなければ話にならない!

そして、すでに(おそらくほとんどの市町村)「地域包括ケアシステム」では手遅れ!もう遅い!今まで何をやっていたのか?はなはだ疑問!

一気に「ジェロントロジィー(高齢社会総合学)」で地域民間企業を巻き込んで進めていくしかない!

次回!「ジェロントロジィー」について熱く語ります!

二つ我あり

苦手はギャラ交渉の中村です。  なにか?

さて!私は講演をするときは、

笑ってわかりやすく感動しためになる!を目指していますが、       同じ介護系列、また異業種企業への講演に関しては、          ついつい「ゆるいネジを強く巻く」ような講演をします!       もう二度と呼ばれないかも!と思いながら話します。                        トップの姿勢にも言及することがあります!

でも・・・・一応評判はいいです!・・と思います・・・

例えば、挨拶推進の話をするとき・・・・               普通はどうしても従業員に向かってしてしまいがちですが、やはり本当に挨拶のいい企業、施設にするためには、トップの方が変わらなければ無し得ることはありません!遠慮なくトップの方に言ってます!         どうぞ心から職場改革を望まれるなら声を掛けてください!          そんな切り口の講演もしています!

ちなみに、主催者の意向に合わせています。                楽しく元気になる!というオーダーならそうしてます!          合わせますので、ご安心ください!

笑う門にはいい介護!

立つ!立つ喜び!

杉本さん立位

脳出血!右麻痺!90日の入院から在宅へ! 

かじ山に来られて2日目!立つことに挑戦!

本人いわく「もうあきらめてた。でも立てるな。わしは立てるな!立てる!」

立ち上がり⇒立位⇒歩行へ!

本当の喜びはこれからです!

お供させてください!あなたの笑顔に!

笑う門にはいい介護!

この後、他のご利用者さんに報告して、職員、ご利用者全員で拍手喝采!

一人じゃない!全員がともに喜びを共有できる環境へ!

笑門流介護!中村でした!