月別アーカイブ: 8月 2011

介護福祉士会 中国四国ブロック大会の刺激!

久しぶりの更新になります。

自分にゆとりと
更新するぞ!という意識が強くなければ
ブログの更新は難しいとホトホト感じています。

今日は更新しよう!と思うことがあったので
更新意欲が高まりする次第です。

島根県介護福祉士会 中国四国ブロック研修大会が開催されました。

「本当に介護士でよかった!」と思える大会でした。

私の中での目玉は
私の介護概念に大きく影響を与えてくださった綿祐二先生の存在でした。

私は、この先生の講演を6年ぐらい前に聞きどれだけ影響を受けた事か!?

この先生は 大学教授、そして11施設の理事長、そしてその施設の介護士
と現場ありきの先生です。

理想と現実おを融合させる日本において唯一の方のような気がします。
ちなみにこの日は夜勤明けで東京からこられたそうです。

そんな先生だからこそ、言われることがすべて本物!!!

例えば、
    ◎「デイサービス、施設において行われる祭り、イベントは辞めまし   
      た!その代わり本当の祭り、イベントに行ってもらうことにしまし
       た!」

    ◎すべての身体介護は
     「何々してよろしいですか?」という疑問文にして
      身体接触にしないと暴行罪になるよ!
      相手に確認しないでオムツを開いた瞬間暴行罪だからね!

    ◎介護で 不快なことがあった瞬間それは介護ではなくなる。

    ◎介護業界で言うところの自己決定の原則は現場にあるのか? 
      2択の選択肢で、ご利用者に選んでもらってそれは自己決定って
      言えるの?等等!

まだまだいろいろ言われました。私は幸いな事に綿先生とかなり飲みながらお話することが出来ました。

かなり驚く話もききました!現場の介護士必見の内容を近いうちに更新します。

今回は綿先生中心になりましたが、大会全体の雰囲気などを更新したいと思います。

広告

天領さん!その舞台裏!!凄絶なる熱い情熱!

天領さん!

今年も司会をさせていただきました!
本当にあのような舞台で、司会をさせていただき本当に
ありがとうございます。
私は、もう16年連続で天領さんの司会をさせてもらっています。

今年もオファーが来たときに、
「本当に、わしでいいの? 他に人がいたら、わしは降りるよ」
と念押ししましたが今年もさせていただくことになりました。

毎年、平均4時間ぐらい喋りっぱなしですが
今年は、新コーナーもあったりで5時間しゃべりっぱなしでした。

相当体力を使いますが・・・

そんな私なんかよりも・・・・・・
身も心もクタクタになりながら頑張っている方々がたくさんいます。

JC、商工会議所青年部、ボランテアの方です。

無償で、しかも自分の仕事以上に、この天領さんに全力で望む姿!

中には、終了後に体調を崩し点滴を受けたスタッフもいたりしました。

『とにかくこの天領さんを成功させよう』という想い
『大田に活気を』
『大田をもっと楽しく』等など・・・

実行委員会の皆様の、情熱、想い、ボランティア精神、地域愛には

頭が下がります。

久手みなと祭り、天領さん大田会場で

精魂尽き果てるまで、取り組まれたスタッフ、ボランティアの皆様

本当にご苦労様でした。

中には、「好きでやっているから・・」と言う方もいらっしゃいます。

それでも、我々市民は、お祭りを準備されたたくさんの皆様方によって

楽しい時間を過ごせたわけです。

本当にご苦労様でした。

盛大な拍手をお願いいたします。

パチパチパチパチパチパチパチパチパチパチ!!!!!!!!!!

子どもとお風呂へ

『この野郎!絶対に泳ぐな!泳がないでくれ!泳がないでくれ・・・・』と心の中で叫びました。

その時、広さ4畳程度の湯船の中には私等親子を除いて

4人のおじさんがいました。

しかし! 長男は抑え切れなかった!

ちょっとだけ潜りました。

そして「ブハぁ===」と上がってきました。

私は『この野郎! 潜りやがって!!』と長男に

アイコンタクトを送りました。

しかし、長男は私の視線など、ほとんど気にしないようすで

潜り続けます。

「ブハァ==~~」「ゴホッゴホッ!」「エイッ!」

挙句!

バタ足で バチャバチャバチャ!!!

実際に その浴槽には他に4人の方が浸かっているわけです。

私は 知らない顔も出来ない状況になり

長男をつかまえて、小さい声で

「馬鹿たれ!周りの人に迷惑がかかる!やめろ!」言いました。

すると・・・

「うわ~~~~ん(泣き)」と泣きはじめました。

また、その声が響く響く!!

しばらくして泣き止んだ長男は・・・

どうしたか!????

また潜り始めて、潜水したり、蹴伸びといって

壁を蹴ってスーッと水中を進むことを繰り返し始めました。

私は悩みました。。。。

こんな時、どうしたらいいのか!!

私が取った行動は!?

・・・・そのまま放っておきました。

同時に二つほど、心の中に決めました。

一つ、回りの人の表情を見て、少しでも嫌な顔をされたら
   私が「すいません」と言い、即時止めさせる。

一つ、後で、人の迷惑なることはしてはいけないとしっかり教える。

正直、子どもに言い聞かせることは、難しいです。。。

繰り返し、繰り返し、根気よく繰り返し・・・。

回りに迷惑かけたら、親が謝る!

他にも、いろいろ案、ご意見があるかと思います。

みなさんはどうされますか?

また忌憚のないご意見お待ちしております!!!