月別アーカイブ: 3月 2010

戦い!大田市市議会議員選挙

市議会議員の選挙がはじまりました。

「戦い」です。「戦(いくさ)」です。
 
 勝ち負けがこれほど天と地になる人間の行為はあるでしょうか?
 
 自分の評価を他人に委ねる。そしてそれに自分のプライドを賭ける!
 
 陣営とはよく言ったものです。
 
 朝8時から夜8時まで選挙活動だけでなく
 
 選挙までの小さな下準備のための下準備。
 告示までの準備、資金の調達、運動員の確保、事務処理
 ブレインの手配など
 勝つために行うべきことはそれこそ無限にあります。
 妥協したらそれまでの話。

 
 
立候補するまでの自然な流れ
 
ぼく的には、「議員になったら大田市のために頑張る」という言葉は「?」である。

 「議員になる前からいろいろやっているけど、更なる高みは議員になってからでないとできな  い」ぐらいでないと立候補する説得力が無い気がする。

 議員だろうと、じゃなかろうと、大田市のために貢献している人はたくさんいる。

 議員になってはじめて「大田市のためになにかやろう」って言う立候補者はいないと思いたい ・・・・

 議員の殻をまとっていない状態でどうかで私は考えたい。
 
 議員になってから頑張るのは当たり前!でもその当たり前も微妙な人もいると思うけど・・・
 議員になるまでの普段の活動(選挙対策の活動でなく、地域に向けた活動の意味)で勝負が決まる。と思いたい。

 議員になって粉骨砕身頑張ることは、当然のこと! 
 それまでのやってきたことが一番信じれるかどうかの重要なポイントのような気がする。
 
 自分が地域で、大田市で一番大事だと思うことは、議員になる前から活動しているはずだ。それから立候補!
 
 これが本当の立候補するまでの自然な流れではないかと思う今日この頃でした。
 
  

広告

介護ストレス大爆発の会!

介護して

    初めて減った

         わが体重

渡辺謙さんレッドカーペット
僕、もらったホットカーペット

お金追いし~♪の中村学です。

去年やっと気づきました!

それまでの4年間 介護のストレスを無くそうと活動、方向性を定めていました
が・・・・・

実際「介護ストレス解消法」という講座を4年していました。。。。

そしてやっとたどり着いた、みんなが思っている事実!

介護のストレスは無くなりません!

どう考えても無くなりません。

みんな何らかのイライラ抱えています。
悩んでいます。
困っています。
不安に包まれています。

逃げられません!

僕も自宅での介護には泣かされました。

だからこそ!!!!!

そのストレスは大爆発させたほうがいいのです!

その時!いかに爆発させるか!

間違っても
介護を必要にしている方には向けないように!

そして自分にも向けないように!

自分を責めないように!

私にぶつけて下さい!
書き込みでも何でもいいです!
ぶつけてください!

先ずは 介護ストレスは言い放ちましょう!

少しはほっとしますよ!
嘆いてもいいし、腹立つな~!というだけでもいいし!

近いうちに私のメールアドレスとかいろいろアップします。
爆発させよう!介護ストレス!!!

平田ツアーのすごさ!

 午前二時 
   ばあさんお外で 
         お洗濯

街頭のテッシュ配りの前を 最高8往復 中村学です。

平田さんのツアーのすごいところはとにかく喋る!
なんでも喋る!お客さんをほめたり、怒ったり!その観光地のことは喋らない!挙句「カーテン閉めて、話聞いて!」という始末!お土産屋では、ここなら安心というところへ連れて行き「生きてる間にお金使ってよ!どんどん買って!」とあおりまくり。

宴会では、余興にゲーム、女装芸の披露と忙しい。

とにかくバスの移動中はしゃべりまくり!寝たいという人も当然いるかと思うが、
そんな平田さんのトークを楽しみにしている人ばかりなので問題はない!

ただ観光地を見せるだけでなく、隙間を徹底的に喋りで埋める。そこに付加価値が生まれる。しかもこれは平田さんのサービス精神からきている賜物!誰にでもできるものではない!

少しでも喜んでもらう!という気持ちから生まれたこの平田流ツアー!
サービスを追及したところから発生したこのスタイル。

「サービスに限界はない」が口癖!気持ちが変なところで収まってしまったらそれでお終い!

利益はブーメランを唱える!
施したサービスはいつか戻ってくる!だから思いつくサービスは惜しまない!という考え!

これは人を相手にしている世の中のすべての商売につながる!

頑張っていきましょう!

カリスマ平田のツアー!

 
s-buloguP2270514.jpg

杖拾う  
   
     フリをしながら
     
         パンチラを

               元気じいさん

青竹踏みで 精力アップ  中村学です。

カリスマ添乗員 平田進也さん御存知ですか?

大田市の観光大使です。
しかし、市は成らせるだけ成らせて、その後の告知が弱い弱い・・・・

観光大使に任命するはいいけれど、
その後の対応のノウハウのストーリーがない。

大田市に感性というか意欲というか欠如しており、本当にもったいない話。

せっかくなっていただいたのに、アイディアがないのなら
最初からお願いしなければいいんですが・・・・
ただただ失礼なだけですね。

4月「ガイヤの夜明け」に出演されます。

今、平田さんを追いかけています。
添乗、添乗でかなりキツイと言っておられました。

凄まじいですよ。平田さんのサービス精神は!

今まで何回となく一緒に過させてもっています。
平田さんのご家族と泊まりで過したことも有ります。
私は平田さんの精神を純粋に尊敬しています。

今、宮根と平田さんの影響を受けながら僕なりに
道を模索している次第です。

次回は平田ツアーの中身に触れたいと思います。

介護保険は何%生活を支えているか?

「一人で介護 

願う気持ちは  

家族割り!」
頑張っているけどお金につながらない 中村学です。

表題について
要介護者(介護が必要な人)の生活(在宅)で考えたいと思います。

介護保険は何%の生活をカバーしているか?
私は10%か20%と考えます。
100%と考えた方もいらっしゃると思います。

私は、要介護者は介護保険に生活を合わせてくれているだけだと思っています。

本来の生活を考えると、介護保険でカバーできる生活範囲はほんの一部だと思います。

介護保険は、医療保険をカバーしているに過ぎません。

医療保険は、怪我、病気に対応。
それは命を長く保つため、体の機能を回復するため!

今の介護保険は、そのつながった命を、機能をただ維持するだけのもの。

命に魂を吹き込むものではないのです。

もちろん、税金で成り立っている保険ですから、楽しみまでは保険が効かないのもしょうがない。

しかし、体に障害があり身内がいない方、身内が振り向いてくれない人はどうすればいいの?

介護士の皆さん!
外へ出よう!介護保険管理外の介護をやろう!

介護士は 介護が必要な人のために存在している。

介護士は 介護が必要な人がいるから成立している。

介護士よ! 人を活き活きさせる介護は 介護保険では実現できない!これはあきらかだ!
え~・・・さっきから熱く語っていますが・・・ 意味が伝わっているかな?・・

これに関しては  また近い内に!

本気の人間しか地域の原動力になれない!

認知症 みんなが知れば 恐くない!

挑戦ばかりの人生 中村学です。

社会福祉協議会、町つくり委員会等に参加しておりますと、夢のようなシステムの話をよく耳にします。

”地域のネットワークの表”とか”地域がコーディネートされた図”などをよく見ます。
最新版などあったりします。正直言ってうまくいっているとは思いません。

地域作り!の最大のテーマは、

その地域に住んでいてよかった!

と思えることになります。

その表とか図は、地域住民が参画してとても幸せな、安心出来る図になっています。
きっとお偉いさんが作られたとは思いますが・・・・

気持ちのさめた住民を安心出来るネットワークの一員にすることは、編み物に興味のない男子中学生にマフラーを作らせるのと同じくらい大変なのです。

しかしそれをやろうって言うんだから、よっぽどの人間が働きかけないと無理!
私の持論は、

地域の原動力になるのは 「人」
システムは、あとあと。

システムに地域住民を当てはめて完成するかのような考えではいつまでたっても出来ません。

まず!地域を作ろうと思った人間から走る、走る、走る!
嘆いたり、愚痴ったりは付き物!当たり前!

地域の原動力には、

議員ならなれるか?ノンノン!というか残念ながら無理!
市長ならできるか?ノンノン!
社会福祉協議会ならできるか?ノンノン
市役所の地域政策ならできるか?ノンノン

できるのは 
 この地域を何とかしようと思っているあなたなのです!

本気の人間しか地域の原動力になれないのです。
地域とは、いろいろな心の塊です。
合理的すぎると心は動きません。
動きは地味でも暖かい心が心を動かします。

本気の人間しか地域の原動力になれない!

介護!介護!

「飴とムチ 飴だけとけて ムチばかり」 こんにちわ!中村学です。
皆さん問題です!介護~の「~」の部分何を思いつきますか?
介護ストレス? 
介護殺人?
介護うつ?
介護地獄?
介護虐待
介護貧困
介護難民
介護離婚
・・・・

これでいいの? これでいいのか? 介護福祉関係者!これでいいの?

介護パラダイス
介護天国
極楽介護
楽々介護
・・・・
にならないもんかな?

このままでは、日本では不幸せな高齢者が増えるだけだ!
高齢者 長生きさせて 楽しみなし!

介護して 笑顔のない日々 地獄のはじまり

せめて介護が悲惨なものにならないように!

「笑う門にはいい介護!」
願いは 安心して歳がとれる国作り!

だからぼくは 活動しています。
呼ばれればどこへでも!