ご家族さま向け!介護ストレスを語ります!

#1

#2

#3

#4

#5

【ここに気がついて!】人間関係がうまく行かない理由④

管理者の選定基準は各施設によりマチマチ

主に選ばれる理由
人柄!
あと介護に真面目!

では管理者に求められるモノは

人柄?
介護技術?

???????

それこそ管理能力!

それこそ
服装
言葉遣い
書類の不備
整理整頓
売上
出勤状況
有給の取得状況
職員個別の状態
介護サービスの質
県とのやり取り
コンプライアンス・・・
様々な事の管理が求められる。

管理とは
決めた事が出来ているかどうか?
予測は立っているかどうか?
どうしたらうまく行くかどうか?
コンプライアンスに触れていないかどうか?
職員の調子はどうか?
売り上げは、その対策はどうか?・・・
様々な事の管理ができなければならない。

もちろん一人でする必要はないが、
それらに落ち度がないように管理しなければならない。

ところが、そういった教育を受けていない管理者が多い!

人間関係にまで、気は回らない!

具体策は後ほど!

【ここに気がついて!】人間関係がうまく行かない理由③

介護現場の

大きな特徴!

それはイレギュラー
(突発的出来事、予測していない出来事)な出来事が

非常に起きやすいこと!

例えば、
誰かが転倒した
誰かがいなくなった
誰かが排泄の失敗をした
誰かが質問をしてきた
誰かが家に電話をしたくなった
転びそうな誰かが一人で歩き始めた
誰かと誰かが口論している
家族が訪問してきた
ケアマネから電話
認定調査員から電話
突然、訪問することになった
体調が悪いと訴えがあった
上司から急ぎの用事を言われた
などなど・・・

突然、いろいろなことが起きる!

そのとき、重要なのは連携!

しかし!

全員が全員、そのイレギュラーな出来事に対応できるわけがない。

連携にミスが起きやすくなる
連携ができない者がいる
連携をストレスと思う者が出てくる

決められた事だけでもたくさんあるのに
イレギュラーな出来事が多い!

これが人間関係を崩してしまう要因の一つ!

具体策は後程!

【ここに気がついて!】人間関係がうまく行かない理由② 

ルールの自己解釈が横行していると

人間関係が良くなる訳がない!

よくある例!

・掃除を当たり前にする職員

・掃除を言われないとしない職員

・掃除をしない職員

それぞれの職員が

掃除に関して

それぞれの解釈をしてしまっています!

職員間のストレスがどんどん溜まって行きます!

人間関係が良くなる訳がない!

対応策は後程!

【ここに気がついて!】人間関係がうまく行かない理由① 

ここに気がついて!

例えば。。。
●研修報告書の提出期限を
必ず守る職員
いつも期限を守らない職員

●服装が法人の規定通りの職員と
独自の服装の職員

●挨拶を丁寧にする職員と
適当で雑な挨拶をする職員

・・・
考え方、そして業務に取り組む姿勢に
大きな違いがある者同士が
放置されていたら・・・

人間関係は良くならない!

なる訳がない!

具体策は後程!

人を大事にするって?どうすること?

ご利用者を大事にする・・・
優しく関わる・・・
笑顔が出るように関わる・・・
ご利用者に寄り添う・・・

何を大事にするか?
本当の優しさは?
真の笑顔が出るには?
何に寄り添う?

その方が、大事に、大切に思っていること
その方が、大事にしている生活習慣
その方が、大事にしているモノ

ここでしょ!

ここが抜けた状態で、
大切にするも、大事にするもm寄り添うもない!

そのご利用者に関わっている時
あなたは、言えますか?

その方が大事にしているモノを!

身体拘束は介護じゃない。拷問です。

人の欲求、意思、快適、不快、楽しい、辛い、痛み、必要、不必要等・・・・
実は、これらとても身近な感覚であるが、生きていく上でとても重要なこと。

下記のようなことが我々に起きたら・・・

●不快なまま…ミトン装着(写真の手袋)
●痛いまま…(車いすに縛られる)
●辛いまま…(辛い原因を追求しないで薬)
●寂しいまま…(寂しい原因を追求しないでコールを外す)
●バカにされたまま…(赤ちゃん言葉、バカにした言葉の対応)
●押し付けられたまま…(やりたくない事を強要)
等々・・・

生きる力を失いかねない。

しかし、

残念ながら介護現場では行われている。

●不適切な介護
「定時のおむつ替え」
「冷たい御粥の食事介助」
「風呂で裸で待たされる」
「やりたくない塗り絵の強要」
 等々・・・・

●身体拘束
「縛る」
「抑える」
「不自由な環境に閉じ込める」
「薬による過鎮静」
「動かないで」
「ここを出て行ってもらいますよ」
「行くところ無くなりますよ」
 等…体への縛り、薬での縛り、言葉での縛り

こちらの思う通りに行かなければ、
拘束に走る。

介護現場の不都合で、効率が悪いと思えば
拘束に走る現状。

一番怖いのは・・・

なぜ、そうなるのかという原因を追求しきっていないこと。

介護士が、原因に関心がない事が怖い。

実は、その原因にこそ、
その方の、想い、意思、快・不快、辛い、キツイ、
嫌だ、楽しい、寂しい、痛いがある!

その原因を考えないで、原因追求を飛ばして
身体拘束に及ぶ!

その方の権利は、人権はその時、失ってなってしまう。

例えば、
◎臀部を掻いて、傷が絶えないとする。
 傷が付いたらダメだから⇒ミトンをつける
 ※臀部を掻く原因
 (湿疹、衣類のしわ、湿潤、怪我、皮膚病等)が解決できていない

◎車いすから立ち上がる
 転倒したら危ないから
 ⇒立ち上がれないようにベルトをつける
 ※立ち上がってしまう原因
 (おしりの痛み、用事、排泄、車いすがあっていない等)
  が解決できていない

◎夜、ウロウロされる
 夜だし、転倒したらダメだから⇒薬の飲ませる
 ※ウロウロする原因
 (早寝過ぎた、トイレ行きたい、寂しい、お腹減った、体調が悪い等)
  が解決できていない

要は、拘束すると
根本原因に蓋をすることになってしまい
その方の、意思、気持ち、身体状況を無視してしまう事になる。

本人の気持ち、身体状況、快不快を
無視して、拘束をしたとするなら
これは行き地獄だと思いませんか?

身体拘束は、介護じゃない。
拷問です。