介護ファイト チャンネル リーダー、管理者向け セミナー

中村学事務所 代表 中村学

介護ファイトチャンネル

今回は 私が実際に行っている管理者、リーダー向けセミナーの雰囲気を
感じてもらえればと思います!

大事にしていることは、変わる勇気を持つこと!
でなければ、いつまでたっても何も変わらない!

バッファロー精神! 雨雲に向かって行く!
つまり課題に向かって行き、一気に解決をするさまを言う!

さあ! 変わろう!

介護ファイト! 介護の旅行! 題して快goツアー!

介護の旅行の凄さ!

奇跡を起こした”快goツアー” ぜひご覧ください!

いや~介護って奥が深い!

医師より「歩けない!」と言われた方が歩けるようになる奇跡!

楽しいは力や!

どうぞ!ご覧ください!

 

介護ファイト! 笑門流 高齢者虐待防止講演会ダイジェスト!

さあ!始まりました!
介護ファイト チャンネル!
第一回目! チャンネル登録お願い致します。

特集は高齢者虐待防止講演会
対象は地域住民の皆様です。

私の講演は、わかりやすく笑ってためになり感動し涙を流す!を目指しています。
だから、心に響きやすい!と思っています。

よろしくお願いいたします。

講演企画のご検討お願い致します。

ご家族さま向け!介護ストレスを語ります!

#1

#2

#3

#4

#5

【ここに気がついて!】人間関係がうまく行かない理由④

管理者の選定基準は各施設によりマチマチ

主に選ばれる理由
人柄!
あと介護に真面目!

では管理者に求められるモノは

人柄?
介護技術?

???????

それこそ管理能力!

それこそ
服装
言葉遣い
書類の不備
整理整頓
売上
出勤状況
有給の取得状況
職員個別の状態
介護サービスの質
県とのやり取り
コンプライアンス・・・
様々な事の管理が求められる。

管理とは
決めた事が出来ているかどうか?
予測は立っているかどうか?
どうしたらうまく行くかどうか?
コンプライアンスに触れていないかどうか?
職員の調子はどうか?
売り上げは、その対策はどうか?・・・
様々な事の管理ができなければならない。

もちろん一人でする必要はないが、
それらに落ち度がないように管理しなければならない。

ところが、そういった教育を受けていない管理者が多い!

人間関係にまで、気は回らない!

具体策は後ほど!

【ここに気がついて!】人間関係がうまく行かない理由③

介護現場の

大きな特徴!

それはイレギュラー
(突発的出来事、予測していない出来事)な出来事が

非常に起きやすいこと!

例えば、
誰かが転倒した
誰かがいなくなった
誰かが排泄の失敗をした
誰かが質問をしてきた
誰かが家に電話をしたくなった
転びそうな誰かが一人で歩き始めた
誰かと誰かが口論している
家族が訪問してきた
ケアマネから電話
認定調査員から電話
突然、訪問することになった
体調が悪いと訴えがあった
上司から急ぎの用事を言われた
などなど・・・

突然、いろいろなことが起きる!

そのとき、重要なのは連携!

しかし!

全員が全員、そのイレギュラーな出来事に対応できるわけがない。

連携にミスが起きやすくなる
連携ができない者がいる
連携をストレスと思う者が出てくる

決められた事だけでもたくさんあるのに
イレギュラーな出来事が多い!

これが人間関係を崩してしまう要因の一つ!

具体策は後程!

【ここに気がついて!】人間関係がうまく行かない理由② 

ルールの自己解釈が横行していると

人間関係が良くなる訳がない!

よくある例!

・掃除を当たり前にする職員

・掃除を言われないとしない職員

・掃除をしない職員

それぞれの職員が

掃除に関して

それぞれの解釈をしてしまっています!

職員間のストレスがどんどん溜まって行きます!

人間関係が良くなる訳がない!

対応策は後程!